2021年06月17日

旧村上ファンドがセントラル硝子の変更報告書を提出

ずいぶんと久しぶりですが旧村上ファンドがセントラル硝子の変更報告書を提出しました。提出理由は「株券等に関する担保契約等重要な契約の変更」ですが、保有割合も少し上昇しています。

14.05%から14.92%に上昇しました。最近旧村上ファンドはゼネコン業界に力を入れていたり、JAGに敵対的TOBを仕掛けていたりと、何かと忙しかったでしょう。でもセントラル硝子のことも忘れていないようです。前回の変更報告書の提出は今年の2月19日ですから、およそ4か月ぶりの提出です。

一度狙われると、なかなか逃れることはできません。平時のうちから企業防衛についてよく対応を考え、やるべきことをやっておく必要がどの会社にもあります。

 

このコラムのカテゴリ

関連する
他のコラムも読む

カテゴリからニュースを探す