2020年11月19日

京阪神ビルディングがストラテジックキャピタルのTOBに反対を表明

京阪神ビルディングが本日17:40にストラテジックキャピタルの敵対的TOBに反対すると表明しました。

https://www.release.tdnet.info/inbs/140120201119426544.pdf

主な反対理由は、

・本公開買付けが、当社の中長期的な企業価値の向上に資するものであるか疑問であること

・本公開買付けは、本定時株主総会において示された当社株主の皆様の意思を軽視して強行されたものであること

・公開買付者との間で信頼関係を構築することが困難であり、公開買付者が当社への影響力を強めることで当社の経営に支障をきたすこと

まあ、反対を表明するのは想定内です。で、次にストラテジックキャピタルはどういう行動に出るのでしょうか?株価はTOB価格1,900円を上回って推移しています。

しかし京阪神ビルディングはストラテジックキャピタルが提示しているTOB価格が安いのかどうかについては言及していませんね。ざっと見ただけなので言及しているのかもしれませんが。

これでマスコミの皆さんが「京阪神ビルディングへの敵対的TOB」と報じますね。

 

このコラムのカテゴリ

関連する
他のコラムも読む

カテゴリからニュースを探す