2021年09月07日

シルチェスターがセントラル硝子の変更報告書を提出

シルチェスターがセントラル硝子の変更報告書を提出しました。保有割合は7.36%から6.31%に低下しました。と言っても安心できる状況にあるわけではありません。

他の投資先に話題が集中しているせいか、みなさん忘れているかもしれませんが、セントラル硝子には旧村上ファンドが投資しています。保有割合は15.08%です。最後に変更報告書を提出したのが2021年6月24日ですので、3か月近く動きがありません。

ただ15%も持たれているので、このまま市場で売却して「はい、さようなら」というわけにはいかないようにも思います。もちろん市場売却の可能性を否定するわけではありませんが。

セントラル硝子も何かしら旧村上ファンドが仕掛けてくるという前提で準備をしているとは思いますが、それはおそらく有事導入型買収防衛策ではないでしょうか?まあたぶん旧村上ファンドもそれを想定しているとは思いますが。

 

このコラムのカテゴリ

関連する
他のコラムも読む

カテゴリからニュースを探す