2021年09月09日

SBIが新生銀行に敵対的TOB?

以下、日経の速報です。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUB0693Q0W1A900C2000000/?n_cid=BMSR3P001_202109091548

SBIホールディングスは9日、新生銀行に対してTOB(株式公開買い付け)をかけて株式を買い増す方針を固めた。すでに新生銀株の19%超(議決権ベース)を保有している。新生銀の対応次第では、敵対的TOBにもつれ込む可能性がある。

SBIが同日夕に発表する見通し。SBIは20年1月に株式の取得が明らかになって以来、「純投資」名目で断続的に市場を介して株式を取得してきた。

新生銀行の賛同を得ていない状況であるなら、現時点では敵対的です。一応、SBIによる新生銀行株の買い増しについては当HPでまとめていました。

https://ib-consulting.jp/newspaper/1558/

https://ib-consulting.jp/newspaper/1560/

https://ib-consulting.jp/newspaper/2158/

新生銀行の時価総額は3,760億円です。敵対的だとすると、かなり大規模なケースになりますね。やはり日本で敵対的TOBが本格化することは間違いありません。

気になるのは、新生銀行株を20%以上取得するのだとしたら、金融庁長官の認可がいるのではないでしょうか?ルール、変わってます?

https://www.dir.co.jp/report/research/law-research/regulation/07120301financial.pdf

 

このコラムのカテゴリ

関連する
他のコラムも読む

まず新聞記事によると、オーケーはいきなり敵対的買収を仕掛けるのではなく、関西スーパーの臨時株主総会に上程される経営統合議案を否決しようとしているようです。以下の関西スーパーのプレスによると、9月15日が基準日で10月~11月を目途に臨時株主 ...

続きを読む

カテゴリからニュースを探す