2021年09月09日

SBIによる新生銀行への敵対的TOB条件

当方では、対象会社取締役会の賛同を得ていない状況のTOBについては敵対的TOBと定義しています。一般的にマスコミは対象会社取締役会が「反対」の意見表明をした時点で敵対的としていますが、当方は定義が違いますので何卒ご了承ください。

さて、SBIによる新生銀行への敵対的TOBの条件が明らかになってきました。報道ベースですが、以下のとおりです。

https://jp.reuters.com/article/BRIEF-%EF%BC%B3%EF%BC%A2%EF%BC%A9%EF%BC%A8%EF%BC%A4-%E6%96%B0%E7%94%9F%E9%8A%80%E8%A1%8C%E3%81%AB%EF%BC%B4%EF%BC%AF%EF%BC%A2%E3%80%801%E6%A0%AA2000%E5%86%86-idJPP8N2PJ03P?il=0

TOB価格:2,000円 ※本日の新生銀行株の終値1,440円

買付予定数:すでに所有している分(19.85%)を含めて所有割合最大48%を目指す

TOB後の方針:新生銀行の上場は維持

以下の読売記事によると「SBIが新生銀の株式を50%超取得すると、親会社の業務範囲も規制され、すでに手がけている事業を手放す必要が生じる。このため、SBIは当面、新生銀の持ち株比率を、40%台にとどめる方向だ。」だそうです。

https://www.yomiuri.co.jp/economy/20210909-OYT1T50181/
 

 

このコラムのカテゴリ

関連する
他のコラムも読む

カテゴリからニュースを探す