2022年09月22日

ん?なんで旧村上ファンドが大豊建設の大量保有報告書を提出したの???

よくわからんのですが、旧村上ファンドが大豊建設の大量保有報告書を提出しました。保有割合は5.07%です。

大豊建設って覚えてますか?旧村上ファンドが2020年5月14日に大量保有報告書を提出し、その後買い増し、最終的には保有割合が約43%に達しました。そして大豊建設は以下のとおり、株式会社麻生をホワイトナイトのような形にして、麻生に対して第三者割当増資をするとともに、旧村上ファンド保有分を自己株TOBで買い取りました。

https://ib-consulting.jp/newspaper/4121/

https://ib-consulting.jp/newspaper/4123/

旧村上ファンドが今年2022年7月22日に変更報告書を提出しており、自己株TOBに応募した結果、保有割合は43.36%から3.55%に低下したことがわかっています。

また買いましたってこと?なんで?麻生は第三者割当増資によって大豊建設の51.83%を所有しているんですよ。

麻生による完全子会社化でも要求するの?

なお保有目的は「投資及び状況に応じて経営陣への助言、重要提案行為等を行うこと」となっています。

ざっと見た感じ、自己株TOBへの応募契約では今後も買い増さないような契約はしていないようですね。

https://www.daiho.co.jp/irinfo/kessan/2022/20220324-stock.pdf

大豊建設さんの今の心境を知りたいです。

 

このコラムのカテゴリ

関連する
他のコラムも読む

カテゴリからニュースを探す