2023年01月12日

旧村上ファンドはコスモの有事型買収防衛策を無視はしないようです

原本がどこにあるのかはわからないのですが、以下アクティビストメディアさんのツイッターです。見れますかね?

https://twitter.com/actvmda_info/status/1613336705695879168

株式会社シティインデックスイレブンスが昨日コスモエネルギーHDが公表した有事型買収防衛策に対して「買収防衛策は経営陣の保身であり反対。コスモは株主価値向上に最善を尽くすべき」と主張する一方、「納得できるものではないが、買収防衛策の経ることなくコスモ株を買い増す予定はない」と明言しました。旧村上ファンドがルールを破って20%以上の株式取得をしないことはわかっていました。

そのほかいろいろと書いてありますが、旧村上ファンドのコスモ株の平均取得価格は3,386円(取得資金約569億円、保有株数16,800,826株)です。今日の終値は前日比40円安の3,560円です。やっぱり、平時型買収防衛策の導入・継続は株価に影響を与えませんが、有事型買収防衛策の導入は株価にマイナスですね。

※正確には、平時型買収防衛策は決算発表などと同時に導入・継続を公表することが多く、翌日の株価の変動要因がわからん、ということです。ただデータを取ってみても、導入・継続発表の翌日に株価が下がったケースは多く見てもたしか半分いかないくらいです。

まあこれまでの流れからして、いずれ自己株TOBをするのだろうと思われますが、今の株価水準だと村上さんは納得しないのでしょうね。だからなんとか株価を上げてもらい、上がったところで自己株TOB!なのでしょう。

 

このコラムのカテゴリ

関連する
他のコラムも読む

カテゴリからニュースを探す