2021年04月07日

どうなる?東芝への敵対的TOB

英国の投資ファンドCVCキャピタル・パートナーズが東芝に対して非公開化を目的とした買収提案をするそうです。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC06CLO0W1A400C2000000/

本日の日経1面にデカデカと出ています。ではこれからの流れですが、日経には以下のとおり記載されています。

英投資ファンドのCVCキャピタル・パートナーズなどが東芝に買収提案することが6日分かった。物言う株主との対立が続いている東芝の株式を非公開化して、経営判断を速める今後経営陣と条件などの交渉を始め、当局を含め合意できればTOB(株式公開買い付け)に乗り出す。買収額は2兆円を超える見通し。日本を代表する企業が統治体制を変えるため、非公開化を検討する異例の事態となった。

CVCは買収額の目安として足元の株価の3割程度のプレミアム(上乗せ幅)を提示したもよう。今後、他の投資ファンドなどに買収への参加を呼びかけることも検討し、経済産業省などとの調整も始める。6日時点の東芝の時価総額は1兆7437億円で、仮に約3割のプレミアムを付けてTOBが成立すると買収総額は2兆3000億円弱となる。

東芝は外為法の規制に抵触する会社ですから、当局への事前相談が必要になるのでしょう。そして経営陣との条件交渉を含めて合意したらTOBだそうです。合意できなかったらどうするのでしょうか?

当局が認めなければTOBはできませんよね?となると、当局と東芝はおそらく足並みをそろえるのでしょうから、もしかしたら東芝がNoだと考えれば、当局もそれにあわせた見解を示すかもしれません。東芝ですからねえ。外為法でNoを突き付ける理由はいくつでもありそうな気がします。外為法でNoが出たのはTCIによる電源開発株の取得に関する事例ですね。

当局がOKを出したら、さすがに東芝もNoとは言いにくくなるのかもしれませんね。あと少し気になっているのは、相手がCVCだということです。日経の記事にも以下のとおり書いてあります。

18年4月に東芝として53年ぶりの外部トップとして就任した車谷暢昭社長兼最高経営責任者(CEO)は元三井住友銀行副頭取で、CVCの日本法人会長も歴任した。物言う株主との対立で、20年の総会では再任の賛成率が約57%まで低下していた。

CVCは過去にすかいらーくの非公開化を手がけたほか、最近では資生堂の日用品事業を買収した。1981年設立で、世界23カ所の拠点に1178億㌦の運用資産を持つ。

現在の東芝CEOである車谷さんはCVCの日本法人会長をつとめていました。こういったことも東芝取締役会の判断に影響が出るかもしれません。

東芝がRJRナビスコにならないよう祈っております。

 

このコラムのカテゴリ

関連する
他のコラムも読む

カテゴリからニュースを探す