2021年06月09日

アスリードに敵対的TOBを仕掛けられている富士興産

アスリードに敵対的TOBを仕掛けられている富士興産ですが、有事導入型買収防衛策を導入・対抗措置発動に関して定時株主総会にかけるため、アスリードに対してTOB終了日を6月14日から6月25日以降まで延長するよう要請していました。しかしアスリードは延長を拒否しました。

ルールに従わないということなので、有事導入型買収防衛策の対抗措置を取締役会決議で発動するのでしょうか?発動したらアスリードはどうするでしょうか?

といったモロモロのことを考えると、富士興産が有利なように思うのですが、詳細は両社の開示資料をきちんと読んだ上で今週のコラムで。

 

このコラムのカテゴリ

関連する
他のコラムも読む

カテゴリからニュースを探す