2022年06月23日

東洋建設も有事型買収防衛策議案を撤回

東洋建設が有事型買収防衛策の導入議案を撤回しました。

https://www.release.tdnet.info/inbs/140120220623585789.pdf

撤回した理由を以下部分的に抜粋します。詳しくは本文をご覧ください。

本日までの間、YFOとの協議を継続してまいりました。その結果、当社としては、上記の各書簡及び本日までの間のYFOとの協議の内容から、YFOグループが、(i)本対応方針所定の情報の提供については最大限の努力を尽くすこと、及び、 (ii)当社株式の追加取得についても、2023年5月24日までの間、株式公開買付けであると市場内買付け等であるとを問わず、本定時株主総会で新たに選任される当社取締役会が同意しない限りは一切行わないことを、それぞれ誓約したものと理解したため、当社取締役会が十分な交渉力を確保した形で本公開買付けの申込みにつきYFOとの間で実効的な協議を行うことを可能とする環境を確保するという本対応方針の目的は一応達成されていると考えられることから、YFO から本議案を取り下げるよう繰り返し強い要請があったことも踏まえ、YFOとの間で友好的かつ実効的な協議が行われることを阻害しないよう、真摯にYFOとの協議に臨むという当社としての姿勢を示すためにも、本日、当社取締役会において、本定時株主総会においては本議案を上程せず、取り下げることを決定いたしました。

なるほど。インフロニアのTOB期間中に株式を市場で買い増し、突如、目的を全株買収に変えた人たちを信用するってことですか?

ホントはどうなんですか?明日株主総会っていうタイミングで議案を撤回ですか?一般的には「ああ、議案が実質的に否決されたんだろうな」と見られるでしょうね。

自分たちの買収防衛策のことを「平時型とは違う。平時型は買収防衛策だけどオレたちのは違う」とか理解できない主張をするから株主の支持を取り付けられなかったのでは???

No.1333 東洋建設さん、ここのロジックがおかしいからYFOに買収防衛策だ!って言われちゃうんですよ

これからどうやって武器なしで戦うのでしょうか?たぶん東洋建設さんは「もう武器がない」と思っていらっしゃるかもしれません。そんなことはないんですよ。思考を柔軟にすることが大切ですよ。武器ならまだあります。

まあしかし、有事型買収防衛策の賞味期限は短かったですね。あ、この意味は明日のコラムでわかります。

 

 

このコラムのカテゴリ

関連する
他のコラムも読む

カテゴリからニュースを探す