2021年04月08日

東芝の車谷CEOの選任議案が否決される可能性が高まったように思うのですが

以下、日経ビジネスです。ちょっと抜粋します。

https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00002/040701314/?n_cid=nbpnb_mled_pre

・TOBを提案するCVCは車谷氏の「古巣」であり、東芝社外取締役の藤森義明氏が日本法人の最高顧問を務める。関係者からは「外から見れば、車谷氏が『保身』のためにCVCと非上場化に動いたとみられても仕方がない」という声が出ている。

・東芝関係者によると、車谷氏が「非上場化」の選択肢を口にすることはあったが、CVCの提案について社内に知らされたのは6日午後になってからだったという。

・さらに並行する形で、定時総会の対応も迫られる。東芝は定款で、定時株主総会を毎年6月に実施することや、議決権の基準日を3月31日にすることを定めている。つまりアクティビストは総会で議決権を持っていることになり、東芝経営陣はアクティビストと対峙する必要がある。

・東芝ほどの企業規模の資産査定には相当な時間がかかるとみられることに加え、車谷氏や藤森氏が関係するCVCからの提案だけに、ほかのファンドからの提案を聞く機会を設けるなど、十分な公正性を担保する手続きも求められる。TOBの実施が6月以降にずれ込めば、CVCは定時総会後の「新経営陣」と向き合う可能性もある。

「出来レースじゃん」と捉えれる株主もいるのではないでしょうか?特にアクティビストはそう思うかもしれません。そしてそう思ったアクティビストはどう行動するでしょうか?

「CVCからの提案を検討するに当たっては、車谷氏と藤森氏が取締役でいるのはおかしい。退任すべき!」と主張しませんか?そして今総会で両氏の選任議案を否決させるための行動を取るのでは?

また、CVCの提案を東芝が受け入れるにしても、TOB価格でもめそうですねえ。そもそもアクティビストは東芝の適正価値をどう捉えているのでしょうか?現在の株価の3割増しが適正と考えているのでしょうか?TOBが実施されたら、たくさんのアクティビストが「そんな価格では応じられない!」と声を上げるかもしれませんし、すでに対抗提案に向けて動き始めているかもしれません。

今日東芝株を売ってしまおうかと思っていましたが、様子を見ます。

 

このコラムのカテゴリ

関連する
他のコラムも読む

カテゴリからニュースを探す