2022年11月16日

東芝買収案、ロームが3000億円投資 スズキや大成建設も

以下、東芝の非公開化に関する記事です。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC156SZ0V11C22A1000000/?n_cid=NMAIL006_20221116_Y

東芝の非公開化を巡り、日本産業パートナーズ(JIP)の買収提案にロームやスズキが参画していることが16日、わかった。ロームの投資額は最大で3000億円規模と、参加企業で最大級となる。東芝はJIP案を受け入れるかの検討をしている。JIPによる買収が実現すれば、東芝は出資をした日本企業と半導体やインフラ事業などで連携しながら、企業価値の向上を目指すことになる。

かつて東芝が完全子会社化のためにTOBをかけていたニューフレアテクノロジーに対して、カウンターTOB提案をしたHOYAも出資したらおもしろいのに。というか、HOYAはあのような敵対的TOB提案をしなければ、今回東芝に出資するチャンスもあったのではないかと・・・。もしかしたらこれから話が出てくるのかもしれませんが。さすがに東芝が「HOYAだけはやめてくれ」と言いそうですね(笑)

敵対的TOBはやはり慎重に検討したほうがよいですね。やっぱり敵を作らん方がよいですね。

「お前が言うな」という声が聞こえてきます・・・。

 

このコラムのカテゴリ

関連する
他のコラムも読む

カテゴリからニュースを探す