2020年1月

村上ファンドからTOB提案を受け、株主意思確認総会の普通決議で対抗措置を発動使用している東芝機械ですが、私は東芝機械が勝つような気がすると申し上げたものの、わからなくなってきました。以下、理由を書きます。

続きを読む

前田道路が前田建設工業のTOBに反対を表明しました。一旦意見を留保して質問権を行使することなく、いきなり反対表明です。ま、前田建設工業はTOB開始前の12月4日から前田道路に対してTOBの提案をしていたとのことですから、事前に十分検討した結 ...

続きを読む

有事導入型の買収防衛策を公表した東芝機械ですが、当初、村上ファンドはルールに従わずTOBを実施すると発表しました。しかし、村上ファンドは「株主意思確認総会を開催するなら応じてもよい」とし、TOB期間の延長にも応じる姿勢を見せました。しかし「 ...

続きを読む

まず最初に申し上げたいのは、買収防衛策の発動だけは絶対にやっちゃダメです。東芝機械の株主構成では勝てるとしても、ギリギリの戦いです。そのような危険な作戦を会社に実行させてはダメです。まず東芝機械の株主構成を再度見ておきましょう。

続きを読む

あっけない幕切れとなったニューフレアテクノロジーに対するHOYAのTOBですが、日経ビジネスに掲載されたHOYA鈴木さんのインタビュー記事を分析しましょう。

続きを読む

前田建設工業が前田道路に敵対的TOBを仕掛けました。TOB条件は以下のとおりです。大きく成長した前田道路が前田建設工業と対等の立場で経営の独立性を確保するにはどうすればいいでしょうか?

続きを読む

村上ファンドが東芝機械に対してTOBを実施すると通告したそうです。土日に「このニュースに注目」をだいぶアップしましたので、お時間ございましたらそちらもご覧ください。とりあえず経緯をおさらいしておきましょう。

続きを読む

とりあえず、HOYAと大和証券が何かしら隠し玉を持っており、これからあっと驚く公表があるのかもしれませんが、現時点での公表情報をもとに、冷静かつ客観的に分析してみたいと思います。

続きを読む

東芝が完全子会社化を目的にTOBをかけているニューフレアテクノロジーに対して、HOYAが敵対的TOBを仕掛けました。私はコラムやニュースで「HOYAはTOB価格を引き上げるだろう」と予測しています。一方で、HOYAがTOB価格を引き上げない ...

続きを読む

カテゴリからコラムを探す