敵対的買収

京阪神ビルディングの反対意見を分析すると、ストラテジックキャピタルの次の行動が見えてきます。ではさっそく見ていきましょう。

続きを読む

まあこの程度ですよねえ。簡単に予想できたことです。ではなぜこの程度の回答しかしてこなかったのでしょうか?それは買収防衛策がないからです。

続きを読む

京阪神ビルディングに敵対的TOBを仕掛けたストラテジックキャピタルですが、他の投資先も見てみましょう。次に狙われる会社が見えてくるかもしれません。

続きを読む

日経ヴェリタスの記事です。ただ、まだ記事の中身は読んでいません。タイトルだけで非常に気になってしまいます。なぜなら、「王子」と「段ボール」というフレーズが気になるのです。以下、その理由です。

続きを読む
2019年12月27日 有料記事

No.740 今年の漢字は?

まあ敵対的TOBの「敵」だと安直ですよね~。と言っても、伊藤忠vsデサント、エイチ・アイ・エスvsユニゾ、コクヨvsぺんてる、HOYAvsニューフレアテクノロジー・東芝と4件も敵対的TOBが起きたのですから、今年は敵対的TOB元年と言っても ...

続きを読む

今年、伊藤忠がデサントに、エイチ・アイ・エスがユニゾHDに敵対的TOBを仕掛けました。そしてコクヨがぺんてるに敵対的買収を仕掛けました。ユニゾHDにおいては、まだブラックストーンが敵対的TOBを仕掛ける可能性も残っています。

続きを読む
2019年09月25日 有料記事

No.674 3年経って思うこと

石の上にも3年。最初は冷たい石の上でしたが、長い間座り続けましたので、徐々に暖かくなってきました。「急にどうした?」と思われたかもしれませんが、コラムの配信を開始したのが2016年9月21日でしたので、3年経過しました。キリがいいので、この ...

続きを読む

エイチ・アイ・エスに敵対的TOBを仕掛けられたユニゾHDですが、当初提出した反対の意見表明は非常にわかりやすくてよい内容だったと思います。しかし、ユニゾHDにフォートレスというホワイトナイトが登場しなかった場合、果たしてよい意見表明だったと ...

続きを読む

やっぱりTOBルールで認められている質問権はまったくと言ってよいほど機能していませんねえ・・・。再度、ユニゾHDが行使した質問権に対するエイチ・アイ・エスの対質問回答報告書を見てみましょう。

続きを読む

カテゴリからコラムを探す