旧村上ファンド

2021/4/15商事法務「スクランブル」で日邦産業と日本アジアグループ(JAG)の買収防衛策発動に関してまとめられています。と言っても概要だけで詳細はわかりませんが、抜粋しながら解説したいと思います。

続きを読む

最近の旧村上ファンドの投資先は以下のとおりです。

続きを読む

お伝えしたとおり、日本アジアグループ(JAG)の有事導入型の買収防衛策が裁判所によって差止められました。理由はまだわかりません。以下はJAGの公表資料です。

続きを読む

一昔前は、買収防衛策を発動したら、買収者に付与された新株予約権を会社が買い取るという形になっていたため多少わかりやすかったのですが、最近はやや複雑になっています。いったんここで整理しておきます。

続きを読む

1株600円でのMBOを予定していたものの、旧村上ファンドに買い増され、MBO価格を1,200円にするも旧村上ファンドが1,210円でカウンターTOBをかけ、特別配当の実施でしのいだ日本アジアグループですが、有事導入型の買収防衛策を導入しま ...

続きを読む

MBOに失敗し旧村上ファンドのTOBによって支配されそうになっていた日本アジアグループですが、TOBへの対抗策として特別配当を決議した結果、旧村上ファンドは敵対的TOBを撤回しました。そして日本アジアグループは旧村上ファンドをターゲットとし ...

続きを読む

旧村上ファンドはかつて再編の必要性を訴え、電子部品商社の株式をたくさん買っていました。そして再編というのかどうかはわかりませんが、保有していた黒田電気株をMBKパートナーズのTOBに応募したり、エクセルの事業を加賀電子に売り渡したりしました ...

続きを読む

ヨロズは買収防衛策に関する定款変更について旧村上ファンドに株主提案をされ、臨時株主総会を開催しました。

続きを読む

2021年になってすでに4件の敵対的TOBが起きました。本格的な敵対的TOBが日本で起きたのは2000年の村上ファンドによる昭栄に対するものです。

続きを読む

先日長々と日本アジアグループに対する旧村上ファンドの敵対的TOBについてまとめましたが、私が最も気になっているのは「旧村上ファンドは日本アジアグループ側が修正した1,200円のTOBに応募すれば29億円ももうかるのに、なんでわざわざ1,21 ...

続きを読む

旧村上ファンドが日本アジアグループに敵対的TOBを仕掛けました。600円でのMBOを予定していた日本アジアグループの株式を市場で買い増し、保有割合が20.24%になっていました。そして当初旧村上ファンドは840円でカウンターTOBをかけると ...

続きを読む

カテゴリからコラムを探す