2020年04月16日

No.811 前田道路が守りたかったものは何なのか?それを明確にしていなかったから敗れたのでは?

前田道路は結局何を守りたかったのでしょうか?それは天下の愚策である特別配当で守れるものだったのでしょうか?アドバイザーと報道されている三井住友信託銀行や長嶋大野常松は前田道路の守りたいものをきちんと理解していたのでしょうか?ではまず、前田道路の守りたいものを想定してみましょう。そしてその守り方を説明します。

こちらは有料会員限定記事となります。

有料会員になると続きをお読みいただけます。

 

このコラムのカテゴリ

関連する
他のコラムも読む

前田道路の外部から見た安定株主比率ですが、法人株主29.4%-前田建設工業23.67%=5.73%、前田道路社員持株会2.07%、共栄火災海上1.74%の合計9.54%です。前田建設工業が反対すれば、たぶん特別配当に関する株主総会普通決議は ...

続きを読む

前田道路が前田建設工業のTOBに反対を表明しました。一旦意見を留保して質問権を行使することなく、いきなり反対表明です。ま、前田建設工業はTOB開始前の12月4日から前田道路に対してTOBの提案をしていたとのことですから、事前に十分検討した結 ...

続きを読む

カテゴリからコラムを探す