2021年02月16日

No.1014 旧村上ファンドがわざわざ日本アジアグループに1,210円でTOBをかけた理由

先日長々と日本アジアグループに対する旧村上ファンドの敵対的TOBについてまとめましたが、私が最も気になっているのは「旧村上ファンドは日本アジアグループ側が修正した1,200円のTOBに応募すれば29億円ももうかるのに、なんでわざわざ1,210円でカウンターTOBをかけたのか?」ということです。

こちらは有料会員限定記事となります。

有料会員になると続きをお読みいただけます。

 

このコラムのカテゴリ

関連する
他のコラムも読む

昨日お伝えしたとおり、村上ファンドグループの㈱南青山不動産が島忠の大量保有報告書を提出しました。保有割合は5.07%で、1株当たり2,636円で取得しています。今年の8月頃から取得し始めたようですね。では株価を見てみましょう。

続きを読む

村上ファンドが東芝機械に敵対的TOBを実施し、東芝機械が買収防衛策を有事に導入・対抗措置発動をしようとしています。この辺で村上ファンド投資先を整理しておきましょう。

続きを読む

僕はUKCホールディングスの株主です。半導体商社業界に対する村上さんの再編必要性に関する主張に深い感銘を受けて、UKCホールディングスの株式を買いました。 UKCホールディングスはバイテックとの経営統合を公表しましたが、村上さんは以前から ...

続きを読む

カテゴリからコラムを探す