2018年10月17日

No.443 アルパインとアルプス電気の経営統合は成立するか?

 アルパインとアルプス電気は経営統合を予定しています。形態としては、アルプス電気を完全親会社とし、株式交換によりアルパインを完全子会社化します。アルパインの株主である香港のオアシスは経営統合におけるアルパインの評価が少数株主にとって不利である点などを指摘しています。オアシスが2017年10月30日に提出した大量保有報告書によると、アルパイン株を9.18%保有しています。また、日立国際電気に対してKKRがTOBを実施した際、価格を2度も引き上げさせたエリオットもアルパイン株を9.78%保有しています。では、アルパインの株主構成を見ておきましょう。

こちらは有料会員限定記事となります。

有料会員になると続きをお読みいただけます。

 

このコラムのカテゴリ

関連する
他のコラムも読む

2019年11月26日 有料記事

No.715 オアシスの投資先

最近、香港のオアシスが積極的に日本株を買っているように見えます。最近提出した大量保有報告書は、島忠とサンケン電気のものです。では、オアシスの投資先一覧を見てみましょう。

続きを読む

最近、オアシスが熱い気がします。週刊ダイヤモンド「最強投資家が狙う割安株」P37によると、オアシスの設立者はセス・フイッシャー氏で、イスラエルで従軍経験があるそうです。怖いな・・・。口ゲンカはしてもいいけど、ホントのケンカはしたくないですね ...

続きを読む

カテゴリからコラムを探す