2020年11月16日

No.955 なぜDCMはカンカンに怒っているのか?で、DCMはどうするのか?

島忠が賛成を表明していたDCMの友好的なTOBに対して意見を「留保」に変更し、敵対的TOBを実施する予定であったニトリに賛成を表明しました。DCMはカンカンでしょうね。留保って・・・反対でしょ?だってニトリに対して賛成しているのだから、DCMのTOBには反対ということですよ。ここで気を使って「留保」にしても意味がありませんし、DCMの怒りがおさまるわけがありません。

こちらは有料会員限定記事となります。

有料会員になると続きをお読みいただけます。

 

このコラムのカテゴリ

関連する
他のコラムも読む

昨日ニトリが島忠への敵対的TOBの条件を公表しました。DCMの条件と比較するとともに、今後の動向を予想します。

続きを読む

以下の日経記事にあるとおり、DCMと島忠はニトリが何か仕掛けてくる可能性についてうすうす感づいていたようです。では手を打っているのでしょうか?

続きを読む

カテゴリからコラムを探す