2021年03月12日

No.1030 日本アジアグループの有事導入型買収防衛策について

MBOに失敗し旧村上ファンドのTOBによって支配されそうになっていた日本アジアグループですが、TOBへの対抗策として特別配当を決議した結果、旧村上ファンドは敵対的TOBを撤回しました。そして日本アジアグループは旧村上ファンドをターゲットとした有事導入型の買収防衛策を導入して対抗しようとしています。ではその概要を解説します。

こちらは有料会員限定記事となります。

有料会員になると続きをお読みいただけます。

 

このコラムのカテゴリ

関連する
他のコラムも読む

2021年になってすでに4件の敵対的TOBが起きました。本格的な敵対的TOBが日本で起きたのは2000年の村上ファンドによる昭栄に対するものです。

続きを読む

中国塗料とマクセルHDを調べてみたのですが、ちょっと気になるところがありました。

続きを読む

シンプレクスという投資家の株式を20%取得され、その株式を同業のレスターHDに取得されてしまった菱洋エレクトロが自己株TOB220億円の実施を公表しました。なぜこのようなことをしなくてはならなくなったのでしょうか?

続きを読む

カテゴリからコラムを探す