2021年06月15日

No.1091 注目すべきは富士興産の有事導入型買収防衛策

アスリードに敵対的TOBを仕掛けられている富士興産が有事導入型の買収防衛策で対抗しようとし、アスリードに対してTOB期間の延長を求めましたが拒否されました。ここからの流れを想定します。富士興産が勝つ可能性はありますね。

こちらは有料会員限定記事となります。

有料会員になると続きをお読みいただけます。

 

このコラムのカテゴリ

関連する
他のコラムも読む

カテゴリからコラムを探す