2021年09月16日

No.1149 新生銀行は買収防衛策を発動して時間と情報を確保できるか?

新生銀行もSBIに買われ始めたときに、平時型買収防衛策をちゃんと導入しておくべきでしたね。敵対的TOBに対応するには時間と情報が必要です。平時からちゃんと導入しておいた方がよいのです。

こちらは有料会員限定記事となります。

有料会員になると続きをお読みいただけます。

 

このコラムのカテゴリ

関連する
他のコラムも読む

まずSBIに敵対的TOBを仕掛けられた新生銀行について、ここに至った経緯を振り返りましょう。以下、SBIが提出した大量保有報告書、変更報告書、公開買付届出書に記載している内容、その他公表資料からです。

続きを読む

SBIが新生銀行の要請に応じ、TOB期間を60営業日にしました。当初、50営業日までしか延長しないと言っていましたが、なぜ60営業日にしたのでしょうか?

続きを読む

新生銀行が有事型買収防衛策で対抗すると報道されていますが、臨時株主総会を開催した場合のポイントは以下のコラムでお伝えしたとおりです。

続きを読む

カテゴリからコラムを探す