ドラマの中での話ではあるもののスパイラルは防衛に成功しました。こちらは現実の世界の話ですが、大戸屋は防衛に「ほぼ」失敗し、コロワイドに支配される可能性が高くなっています。まあ、まだ役員を解任できるかはわからないので、完全に負けたわけではない ...

続きを読む

最近、旧村上ファンドが大豊建設株を急速に買い増しています。旧村上ファンドはなぜ大豊建設をターゲットにしたのでしょうか?大豊建設はどう対応すればよいでしょうか?

続きを読む

大戸屋に対するコロワイドによる敵対的TOBが成功しました。46.77%も所有されてしまった以上、大戸屋にはもう打つ手がないのでしょうか?いや、まだありますし、そのリスクをコロワイドも気付いていることでしょう。

続きを読む

貴社がアクティビストや同業などに株式を取得された際、専門家をすぐに連れてこない担当者には要注意です。

続きを読む

シンプレクスという投資家の株式を20%取得され、その株式を同業のレスターHDに取得されてしまった菱洋エレクトロが自己株TOB220億円の実施を公表しました。なぜこのようなことをしなくてはならなくなったのでしょうか?

続きを読む

コロワイドによる大戸屋への敵対的TOBが成功しました。TOBの結果はまだ公表されていませんが、コロワイドは大戸屋株の46%程度を所有することになった模様で、大戸屋はコロワイドの連結子会社になるのでしょう。大戸屋はちゃんと防衛すれば、コロワイ ...

続きを読む

買収防衛策ではない事前警告型買収防衛策に対して、機関投資家は基本的に反対します。なぜ買収防衛策ではないのに反対するのでしょうか?そして機関投資家に賛成してもらうためにはどうすればよいでしょうか?今日はその具体的方法を書きます。

続きを読む

シンプレクスから菱洋エレクトロ株の約20%をレスターHDですが、菱洋エレクトロが公表した自己株TOBに応じるようです。水面下で何があったのでしょうか?

続きを読む

コロワイドが大戸屋に対するTOB条件を変更し、下限を45%から40%に引き下げました。それに対する反論を大戸屋が公表しています。大丈夫かいな?

続きを読む

2020年8月30日(日)の日経1面に以下の記事がありました。私は株式による資金調達をする場合、国内個人に買ってもらったほうがよいと考えます。

続きを読む

以下のとおり、10人近い金融関係者はコロワイドの敵対的TOBは成立すると予想していましたが、外れました。なぜでしょうか?

続きを読む

「ここはお客さんが書いてください」って言うアドバイザーはダメです。あと、「想定Qは作りますが、Aはお客さんが作ってください」ってのもダメアドバイザーの特徴の一つです。

続きを読む

カテゴリからコラムを探す