2021年03月30日

No.1042 日邦産業の新株予約権の無償割当が差止められた理由を推測しましょう

日邦産業の買収防衛策発動が名古屋地裁によって差止められました。おそらく抗告するのでしょうからまだ負けが確定した訳ではありませんが、厳しい戦いになりそうです。日邦産業は差止められたという事実しか公表していませんが、フリージア・マクロスは少しだけ公表しています。以下のとおりです。

こちらは有料会員限定記事となります。

有料会員になると続きをお読みいただけます。

 

このコラムのカテゴリ

関連する
他のコラムも読む

以下のとおり日邦産業がフリージア・マクロスの敵対的TOBに反対を表明しました。読んだ感想ですが「反対の軸がわかりにくい」です。以下、まとめます。

続きを読む

まずは日邦産業の質問とフリージア・マクロスの回答を再掲します。そして日邦産業がフリージア・マクロスのソレキアに対するTOBの何を問題視しているのか解説します。

続きを読む

カテゴリからコラムを探す