このコラムのカテゴリ

関連する
他のコラムも読む

敵対的TOBが開始された場合の一般的な流れからすると、大戸屋の対応はやや遅いように感じます。敵対的TOBが開始されたら、まず「当座のコメント」というものを出します。これは法律で義務付けられた開示ではなく、任意です。

続きを読む

大戸屋のアドバイザーを整理してみましょう。リーガルアドバイザーは森濱田松本法律事務所・外苑法律事務所で、フィナンシャルアドバイザーはフロンティア・マネジメントです。フロンティア・マネジメントという会社は独立系のM&Aアドバイザリーです。

続きを読む

カテゴリからコラムを探す