2021年02月10日

No.1011 エフィッシモによるサンケン電気への敵対的TOBは成功するか

エフィッシモがサンケン電気に敵対的TOBを仕掛けました。最近エフィッシモはあまり過激なことをしないなあ、もう普通の機関投資家なのかなあ、なんて思っていましたが、やはり違いました。東芝に対して株主提案もしていますし、やはりアクティビストなのでしょう。

こちらは有料会員限定記事となります。

有料会員になると続きをお読みいただけます。

 

このコラムのカテゴリ

関連する
他のコラムも読む

年末にエフィッシモがたくさんの会社の大量保有報告書を提出しました。2018年12月19日にジャパンディスプレイ、サンケン電気、大平洋金属、デクセリアルズ、関東電化工業の大量保有報告書を提出しました。以下、データをまとめました。

続きを読む

2021年になってすでに4件の敵対的TOBが起きました。本格的な敵対的TOBが日本で起きたのは2000年の村上ファンドによる昭栄に対するものです。

続きを読む

カテゴリからコラムを探す